Night Rod Special のオプション選択


さて無事にバイク本体が手配できたら、次はオプションのたぐい。
ハーレーは純正で10年ローンを持っていて、まとまったお金が入ったら支払額を減らしたり、期間を短くしたりできます。
怖いものはありません (^^;

まずはETC。これは必須。バイクこそETCは必要ね。
次にセキュリティーと、新車購入時にのみ入れる盗難保険。これも必須ね。

で、次がミッドコントロールキット。
フォワードコントロールでは慎重173cmのワタシでも微妙な距離。とりあえず、純正ペダルを利用したミッド用キットがハーレーダビッドソン奈良のオリジナルパーツとして販売されているのでそれを注文。
純正の完全ミッドコントロール仕様変更やカスタマイズメーカーの造りがいいものは25万くらいしますが、これはパーツ流用をするので5万円ちょっと。しかもハイウェイペグとしてノーマルステップが残せます。イヤならあとでも変えられる値段だしね。

次に、スモークウィンカーレンズ。アメリカ本国仕様のカタログでは標準のはずなんだけど、国内入荷モデルは普通のオレンジウィンカー。これは避けたいのでスモークタイプに変更。ついでにリロケーションキットでホーク脇に付けるように変更。

でもってサドルバッグ。ノーマルマフラーでは両サイドに付けるのは難しそうなので左側のみにデグナーの9Aを。ちょっと大きめだけど。ブラックのボディにタンカラーの本皮サドルバッグ。良さそう・・・。キジマのサドルバッグサポートも注文。

それからLEDブレーキランプ。最初はクリアレンズを注文したんだけど、レッドレンズに修正。やっぱり赤の方がまとまりがいいんだよね。他にもオレンジとかが使われているし。

悩んだのだエンジンガード。300kg以上の巨体だし、倒したら高くつくので、とりあえず付けてみることに。デザイン的にはかなり抵抗があるんだけど、慣れたら外せばいいんだし。
で、某サイトでV-RODにエンジンガードを付けている写真を見て、そのメッキの浮き具合に焦ったワタシは「お願い黒く塗って!」と、つや消し黒に塗ってもらうことに。

どうせ塗りを使うなら、と、ノーマルではシルバーのメッシュになっているサイドA/Cカバーも本体と同色のブラックに塗装してもらうことに。ちなみに、ワタシのNIGHT ROD SPECIALはビビットブラックです。

あとはシーシーバー、ベースキット、パッドも。
これで一通りかな。NIGHT ROD SPECIALはいじれるところがあまりないんですよね、元々とまとまってますから。
細かな写真はまた後日。

ってことでなんだかんだで結構な金額に・・・。
あとでゆっくり付けていってもいいんだけど、新品時に購入すると2年保証になるからね。

あとは納車を待つのみ・・・。

にほんブログ村 バイクブログ へ 人気ブログランキングへ ←どっちもクリックよろしく

保存

Pocket