ムルティストラーダ 1200Sのオイル交換

できました。ムルティストラーダ 1200Sのオイル交換。
センタースタンドを外すのが本来の手順なんだろうけど、面倒なので楽をする方法を。
結局先日載せたアルミシートを丸めて筒を作りました。

長さ2.5cm程度の短い筒です。これをドレーン下の穴にあてがいます。

こんな感じ。
この状態でしばらくエンジンをかけてオイルを温めます。
ドレーンを抜いたときに筒も一緒にずれ落ちたらイヤだなぁ〜っと思って横をテープで留めたけど、ドレーンプラグは長いので この筒の間をスルスルと何の抵抗もなく抜け出してきました。そして・・・

できたっ (^o^)

 


ほとんど落ちてこなくなったら新しいワッシャーを着けてドレーンを締め、24Nm 20Nmのトルクで締め付けました。

締め終わったら筒も外してできるだけ下回りのオイルをウエスで拭き取りオイルを入れます。入れるオイルは先日載せたこれ。

約5リットルを用意して望み、1リットルのオイルジョッキしか持っていないので、800ccずつ缶から移して入れていきました。

ゲージのアッパーラインのちょい下まで入れましたが、3.2リットルしか入りませんでした (^^;
もっと暖めてオイルを下げないとダメだったかな (^^;
それともフィルター変えないとそんなモンなのかな??

で、油面が落ち着いたところでエンジンをかけ、暖めたらまた切ってゲージを見てもほとんど変わらず、結局これで終わり。
ちなみに、アイドリングがかなりスムーズ。少しふかしても振動がぜんぜん違います。抜いたオイルはわずかな白濁もありましたから劣化していたんでしょうね。

後は後日走ってみてギアの入りがよほど悪いとかなければ このオイルをセルフ交換で使っていきます。ヤバかったら来月の車検の時にシェルアドバンスに戻します。

ということで セルフオイル交換の巻 でした (^o^)
なんでオイル交換だけでこんな喜んでるんだ?ワタシは (^^;

 

走行距離 2,322km

Pocket