デリカ、戻る。


すっかりここに載せるのを忘れてて事後更新。
ディーラーへ預けたデリカD:5、受け取って参りました。

まずは運転席エアバッグのリコール交換。
これで安心して乗れます。って、もう10万キロ目前だけど (^^;

で、回転がブレながら上がっていく現象ですが、コンピューターには記録はなく、ばらしてもターボタービン等はあまり汚れていなかったとのこと。なので交換はなし。タービン周りの清掃と、バルブブロック周りも多少の清掃のみで組み直して様子を見ることに。10万キロ保証とはいっても、その手の不具合は関係なく見てもらえるとのことなので、このまましばらく乗ってみましょう。

仮に10万キロごときで煤がたまってタービン交換が必要なら20万キロとか30万キロとか狙えませんからね。自腹だと数十万円コースになりますし。
でも、トラックなどと似た仕様なので、そんなに簡単には煤詰まりはないはず、とのこと。マツダのクリーンディーゼルエンジンの煤の問題がジワジワ騒がれてきていますが、三菱のクリーンディーゼルはどちらかというと昔ながらのディーゼルエンジンに近く(フィールもね)、マツダほどは煤をインテーク側に返していないはずなので、きっとなんとかもつでしょう。

リアにターボの音に似た高周波の音がアクセルに連動して鳴っていましたが、それも原因はつかめず。というか、ここのところ鳴っていなかったし・・・。これも様子見。

で、新しいROMデータがあるとのことで書き換えてくれていました。
なんか加速が穏やかになったような・・・。
まぁ、不具合があれば直しているでしょうから、ホントにこれでしばらく様子見ですね。

ついでに全回交換が早かったベルトとテンショナー、そしてグローもチェックしてもらいましたが交換不要とのことで、エンジンオイルとフィルターのみを交換して、オイルとフィルターの実費のみ5,000円のお支払いとなりました。

ということで、また元気にしばらく乗れそうです。

走行距離は 99,860km。

Pocket